© FUMIAKI GOTO design  all right reserved.

肥前吉田焼

永い歴史の中で磨かれてきた技術と

様式にとらわれない自由なモノ造り

お茶所として、また日本でも有数の温泉地としても有名な佐賀県嬉野市で作られる陶磁器・肥前吉田焼。「224」はその小さな産地・肥前吉田に2012年に生まれた磁器のブランドです。職人でもありブランドのディレクターでもある辻諭を中心として、馬渕晃と五島史士がデザイナーとして加わり誕生しました。


肥前吉田の開窯は今から400 年以上も遡ります。
ところが、地理的に佐賀の有田や長崎の波佐見に近いため、それらの下請けとして吉田の名前はあまり表に出ることなく、長い間その技術を影で磨いてきました。そのため、肥前吉田には有田の絵付けのような独自の”様式” というものがありません。逆に言えば、決まった様式のない自由なものづくりが肥前吉田の特徴とも言えます。
224 では、長い歴史とその中で培ってきた技術を下地としながらも、これまでの価値観にとらわれることなく、他にはない新しいものづくりにチャレンジをしていきたいと考えております。
そして、その中で生まれる新しい”肥前吉田の様式” を皆さまへお届けしていければと願っています。

​shop & saryo

嬉野には肥前吉田焼や嬉野茶、日本三大美肌の湯である温泉があります。嬉野の良いところをもっと知ってもらいたい、好きになってもらいたい、224 shop+saryo はそんな想いの詰まったお店を2015年に嬉野の街にオープンしました。

shop+saryo
843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙909
tel : 0954-43-1220
fax : 0954-43-1220

224shop は224porcelain の発信基地です。224porcelain から発信する製品をはじめ、若手クリエイターの雑貨、うれしいのプロジェクトのお菓子などを販売しています。デザイナー、造り手、そして使い手をつなぐ。224shop はそんな場所を目指しています。

​224 shop

shop 2F  open   月~金 10:00~16:00
            土日祝 10:00~18:00
      定休日   水曜日

​224 saryo

224saryo は店主こだわりの嬉野茶を224porcelain の器でお楽しみ頂く『お茶カフェ』です。
各種緑茶、紅茶などの他にも、春には『桜ほうじ茶ラテ』夏には『ティーフラッペ』など、季節ごとのこだわりのアレンジティーをご提供します。
5種類のお菓子を抹茶ソースにつけて楽しむ『抹茶フォンデュセット』や、三段のお重で楽しむ和風アフタヌーンティー『午後のお煎茶コース』などもございます。
また、シュガーロードの名残で佐賀にはお菓子屋さんがたくさんあり、224 オリジナルのスイーツ以外にも、その老舗のお菓子もお楽しみいただけます。カフェとしてだけではなく、人の集まる場所にしたいという思いから、各種ワークショップも行っています。

shop 1F  open   カフェ 土・日 11:00~17:00
            バー 金~日 21:00~24:00